(TERRA INCognita 児童文学専門出版社)  出版のご相談承ります!

3153ほんとのなまえ

子ども 詩のポケット53
いとうゆうこ詩集 ほんとのなまえ

いとうゆうこ:著 菅原史也:画
四六判上製 106ページ 定価:本体1,400円+税
ISBN978-4-86261-160-4 C8392
発行:2021年2月
対象:小学校中学年~

★ご注文について

9784862611604ほんとのなまえ

内容

◎美しく繊細に光る言葉たちで綴られた少年詩集。44編収載。
三越左千夫少年詩賞を受賞した第一詩集『おひさまのパレット』以来の14年の詩業の精華。

*******************

 いいにおいがするので
 外へでてみると
 月が熟していた

 口をあけて
 ひかりをのみこむと
 月のあじがした

――「月のあじ」より

*******************

目次

Ⅰ ちいさなうわさ

ほんとのなまえ
月のあじ
おはなし
夢をたべる
きのうの夢
ちいさなうわさ
約束
ばくはつ
夏の魔法
おに
あめあがり
おひさまのはなし
こもりうた
おるすばん
なかなおり
赤い小鳥

Ⅱ ひかりのおと

ひかりのおと
崖の水仙
二月の聖母
春の底
降る
青い目
風の翼
空のあじさい
雨あがり
夏の風
しゃぼん玉
蹴る
あいさつにご用心
夏の散歩

木を飛ばす
秋の実
秋の耳
青い風船
りんご

Ⅲ 夕方ゆれる木

夕方ゆれる木
ディスタンス
ラブソング
美術館で
夢のくらげ
ペンギン
母の国
野へ帰る

あとがき

「あとがき」より

 コロナを恐れて「アマビエ」の絵をあがめる人々は、縄文時代の人々と、どれほどの違いがあるでしょうか。私は自分の身の丈で物事を測る心を失ってはならない、毎日を丁寧に生きることを怠ってはならないと思いました。するとまた「詩と共に歩みたい」気持ちが募ってきました。それには、まずこの十四年間に書き留めた詩を、まとめることから始めなければならないと考えました。それ以前のものも捨てがたく、何篇か収録しました。

 現代詩とか少年詩という区分は、私に関してはありません。私が現代詩ではなくて少年詩というジャンルに属しているのは、私の中に「ひとりの不機嫌な幼童神がいるから」とでも言っておきましょう。

著者プロフィール

■著:いとうゆうこ
1954年生まれ。横浜市出身。
詩誌「かもめ号」をはじめ「ネバーランド」「少年詩の学校」「ざわざわ」に詩やエッセイを発表。
第一詩集『おひさまのパレット』(2006年、てらいんく)で三越左千夫少年詩賞受賞。日本児童文学者協会会員。

■画:菅原史也(すがわら ふみや)
東京造形大学デザイン科卒・同研究課程修了。
いとうゆうこ詩集『おひさまのパレット』挿画。
個展・グループ展など。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional